プロテインを選ぼう!

あなたにぴったりのプロテインが見つかる!プロテイン専門の総合情報サイト

プロテインシェイカーを効果的に使うための6つのポイント

プロテインシェイカーを効果的に使うための6つのポイント

プロテインシェイカーの使い方は、基本的にはプロテインと液体(水や牛乳)を入れて混ぜるだけですが、効果的に使うためにはいくつかのポイントがあります。

プロテインシェイカーを初めて使うという方や、使い方がいまいちわからないという方向けにプロテインシェイカーの効果的な使い方を解説していきます。

1.液体が先、プロテインは後

プロテイン 作り方 シェーカー
シェイカーには水や牛乳などの液体を先に入れて、プロテインは後から入れるのがポイントです。先にプロテインを入れてしまうと、シェイカーの底で固まったりダマになりやすく飲みにくいからです。

2.適正な水分量でつくる

プロテイン 液漏れ

シェイカーを初めて使う人に多いケースですが、水をシェイカーの満杯まで入れてしまうことがあります。水が多いほど溶けやすいと思って水を限界まで入れてしまうのでしょうが、混ぜるためのスペースがないとダマができやすいです。目安としてはマックスの7割程度にするといいでしょう。

3.攪拌ボールを使ってダマをなくす

プロテイン初心者必見!プロテイン選びに欠かせない3つのポイント
プロテインの種類によってはダマができやすいものもあります。シェイカーにプロテインを入れていくら振ってもプロテインが残ってしまうという場合は、攪拌ボールを使いましょう。

攪拌ボール単体でも売っていますし、シェイカーとセットのものもあります。ちなみに、攪拌ボールはプロテイン以外に料理にも使えるので、普段料理をするという方は重宝するかもしれません。

攪拌ボールの詳細はこちら

シェイカーと攪拌ボールのセットの詳細はこちら

4.ジムに持って行く場合はプロテインだけを入れて持って行く

ジム 筋トレ プロテイン
プロテインはジムに持って行って筋トレの後に飲む場合が一番多いでしょう。その際に悩むのがプロテインを自宅で作って(液体に溶かして)持って行くのか、それともプロテインの粉だけをシェイカーに入れてジムで溶かして飲むのかという点です。

自宅で作って持って行く場合のデメリットとして、荷物が重くなるのと、衛生面で良くないという2点があります。特に衛生面に関して、自宅で作る場合は飲むまでに2~3時間程度あるため、夏場は食中毒などの危険性がありオススメできません。

大抵のジムには冷水機があるので、ジムでプロテインを飲む直前に溶かすといいでしょう。

5.使用後は洗って乾燥!清潔に保つ

プロテインシェーカー 洗う
プロテインを飲んだ後にシェイカーを放置するのはかなり危険です。プロテインの粉はシェイカーにこびりつきやすい上に、菌が繁殖しやすいものです。飲み終わったら可能な限り早く洗って乾燥させましょう。

6.シェイカーは消耗品!

シェイカー おすすめ
最近のシェイカーは丈夫で耐久性がよく、数年以上使っても液漏れ割れたりしないシェイカーも多くあります。10年近く同じシェイカーを使っているという人もいるくらいです。

ただ、見た目は綺麗でも雑菌が繁殖しやすい小さな傷が知らず知らずついています。シェイカーは数百円から2千円程度で買えるものなので、消耗品と割り切って1年に1度は交換するといいでしょう。

まとめ

プロテインとは
プロテイン用シェイカーを効果的に使う6つのポイントを理解していただけましたか?

シェイカーというとダマになりにくく飲みやすいという点に注目しがちですが、特に大事なのは衛生面です。プロテインを飲んで食中毒になったら元も子もありません。日々の筋トレが報われませんので衛生面には特に気をつけましょう。

また、プロテイン用シェイカーにも様々な種類があるので、選ぶのに悩むという方は以下の記事を参考にしてください。

>>プロテイン初心者におすすめのシェイカーランキング5選!

>>機能性抜群のプロテイン専用シェイカー4選

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top