プロテインを選ぼう!

あなたにぴったりのプロテインが見つかる!プロテイン専門の総合情報サイト

【2018年最新版】海外で人気のプロテインおすすめランキングTOP5を徹底比較!

【2018年最新版】海外で人気のプロテインおすすめランキングTOP5を徹底比較!

プロテインは国内外問わず多くのメーカーが販売しています。日本製のプロテインよりも海外製のプロテインの方が安いことが多く、評価も高いため海外製プロテインを飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

一方で、「日本製のものは安全、海外のものはなんとなく不安」と感じている人も多いでしょう。また、海外製のプロテインを飲んでみたいけど、どのプロテインを選べばいいかわからないという人も多いと思います。

そこで今回は、日本製プロテインと海外製プロテインの違いをはじめ、海外(特にアメリカ)で人気のプロテインをランキング形式で紹介していきます!

プロテイニスト
ちなみに、世界で最もサプリメントやプロテインを飲むのはアメリカ。プロテインの市場規模も大きく、日本とは比較にならないほど多くの種類が販売されています。

海外製プロテインのおすすめランキングを紹介する前に、まずは日本製プロテインとの違いや海外製プロテインを選ぶポイントを紹介していきます。

とにかく海外製プロテインのおすすめランキングを見たいという人は↓↓をクリック!

日本製プロテインと海外製プロテインの違い

プロテイン 種類 日本製 国産 海外製 違い
大前提として、プロテインはタンパク質を摂取するための補助食品であり、日本製/海外製どちらのプロテインでも主成分はタンパク質です。

もちろん、タンパク質の中にも動物性のタンパク質や植物性のタンパク質などの種類がありますが、プロテインを摂取する目的に応じてホエイプロテイン/カゼインプロテイン/ソイプロテインなどを使い分ければいいので、日本製か海外製かは関係ありません。

では、なぜ海外製のプロテインを好んで飲む人がいるのでしょうか?

日本製と海外製のプロテインには様々な違いがありますが、大きく分けて3つの理由があります。

1.海外製プロテインの方が量が多くて価格が安い

プロテインは毎日飲むもので、1日3回以上飲む人もいます。毎日飲むとかなりの出費になりますよね(汗)

海外製プロテインは日本のものと比べてとにかくでかくて安いです。日本の場合1kg前後のパッケージが多いですが、海外では3~5kgのパッケージも多く、5kgで1万円を切るもの(1kgあたり2000円以下)も多いです。

例えば日本で有名なザバスのホエイプロテイン100、アマゾンだと1,050gが4,054円、3,150gでも11,800円と海外製プロテインと比べて高いことがわかります。(価格は2018年3月30日時点のもの)

海外製プロテインを購入している人の多くが、価格面で海外製を選んでいると言っても過言ではありません。

2.海外製プロテインの方が種類が豊富

日本は筋トレやサプリメントの後進国とも言えるほどアメリカなどと比べると遅れています。プロテインの種類が顕著なのですが、アメリカは数え切れないくらいの種類のプロテインが出ています。

プロテインを飲む目的に応じて必要な成分は異なります。海外製プロテインの方が自分にぴったりのプロテインを見つけられる可能性が高いです。

3.法律が違うので日本で入れられない成分が入っている

日本と海外では法律が違います。

日本では医薬品扱いになってしまいプロテインに入れられないという成分であっても、海外の国(例えばアメリカ)では普通にプロテインに入っているということもあります。

海外製プロテインを選ぶ上での3つのポイント

プロテイン 3つのポイント

有名メーカーのプロテインを選ぶ

有名メーカーのプロテインでなくても良いものがあるのは事実ですが、海外製プロテインを購入する場合は安全性の面からも有名メーカーを選ぶのがいいです。

海外製プロテインの中に成分の表示にはない違法薬物が含まれていたという事件が過去に何度も起きています。

有名メーカー→売上が多い→仕入れが多い→原価が安い→販売価格が安い傾向にあります

プロテインの種類とタンパク質含有量は必ずチェックする

これは国産プロテインでも同じことですが、プロテインにはホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインなどの種類があります。プロテインを飲む目的に応じて、どの種類のプロテインを飲むか決めましょう。ホエイプロテインやカゼインプロテインの違いがわからないという人は以下の記事を参考に。

また、プロテイン選びにおいてはタンパク質の含有量を確かめることが欠かせません。1食あたり15g~30gのタンパク質が含まれていることが望ましいので、プロテインを購入する際は必ず成分表で「Protein」というところを見ましょう。

送料込みの価格&iHerbで購入できるか

プロテイン自体は安いけど送料が高いということがしばしばあります。また、海外では人気だけど日本へ発送していないため購入できないというプロテインもあります。

海外製のプロテインを購入する場合はiHerbというサイトを使うことが多い

海外製プロテインおすすめランキングTOP5

プロテイン おすすめ 比較

プロテイニスト
アメリカで有名なプロテイン販売サイトである「Body Building」というサイトや、サプリメントで有名な「labdoor」、アメリカのアマゾンの売れ筋ランキングなどを参考にランキングを作っています。

1.ゴールドスタンダード100%ホエイ(GOLD STANDARD 100%WHEY PROTEIN Optimum Nutrition)

ゴールドスタンダード ホエイプロテイン

ゴールドスタンダードを購入する

アメリカで不動の人気No.1と言われるOptimum Nutritionが販売するホエイプロテイン。日本でも飲んでいる人が多く、初めて海外製プロテインを買ってみる人にはおすすめ。安くて美味しいのでコスパが良いと評判です。

ゴールドスタンダード100%ホエイはタンパク質の含有量が24g(約80%)と多く、またWPI製法というタンパク質の純度が高くなる製法で作られているのが特徴です。

また、味のバリエーションが豊富なのも特徴の1つ。ダブルリッチチョコレート、ストロベリー、バニラ、バナナなど20種類のフレーバーがあり、プロテインで想定されるほとんどの味は網羅されています。
ゴールドスタンダード ホエイプロテイン 味 フレーバー

ゴールドスタンダードを購入する

プロテイニスト
実は、チョコミントが大好きで、プロテインでもゴールドスタンダードのチョコミント味を飲んでいます。

2.シンサ6(Synths-6)

シンサ6 プロテイン

シンサ6を購入する

シンサ6はとにかく美味しいプロテインとして海外で人気を集めているプロテインです。

私も実際に飲んでみたところ、まず溶けやすいのでダマにならなりません。チョコレート味は本当に美味しくて、大量に飲んでしまいそうで困りませす(笑)。ただ、少し甘いので、甘いのが苦手な人にはおすすめできません。

タンパク質配合量は1杯で25gと十分な量です。

3.ニトロテック(Nitro Tech)

ニトロテック プロテイン

ニトロテックを購入する

海外でおすすめのプロテイン第3位は、Muscle Tech社が作っているNITRO-TECH。

タンパク質の含有量が一杯で30gと多いのが特徴です。さらに、タンパク質30gに加えて、BCAA、クレアチン、グルタミンなど、バルクアップする上でとても大切な栄養素が豊富に詰め込まれています。

4.ピュアホエイプロテイン(Pure Whey Plus Supplements)

ピュアホエイプロテイン

ピュアホエイプロテインを購入する

高純度のホエイプロテインとして、海外、特にアメリカで飲む人が多いピュアホエイプロテイン。

ゴールドスタンダードほどとはいかないまでも、味の種類が豊富にあります。一番人気なのはチョコレートブラウニー味ですが、これはかなり甘いので好みは分かれるでしょう。アメリカの甘いお菓子をイメージしてもらうとわかりますが、日本人にとっては甘すぎるということが多々あります。

一方で、筋トレで疲れた体にはちょうどいい甘さと感じる場合もあります。

5.マイプロテインインパクトホエイ(Myprotein Impact Whey)

マイプロテインイン パクトホエイ

海外の激安プロテインには気をつけよう

ドーピング プロテイン サプリメント
「海外のプロテイン=安くて量が多い」という基準で選んでいる人は注意が必要です。海外製プロテインは日本のものと比べると確かに安いですが、海外製の中で比べても安いものは特に気をつけましょう。

神経質になりすぎる必要はありませんが、成分の表示にはない違法薬物が含まれていたという事件が過去に何度も起きています。特にアスリートでドーピングがあるという人は注意が必要です。プロテインに含まれていた成分のせいでドーピング検査に引っかかってしまい、選手生命が終わった人もいます。ドーピング検査で、成分表示になかったからというような言い訳は一切通じません。

有名メーカーのものが絶対に安全とは言えませんが、名前もあまり聞いたことがないメーカーのプロテインを選ぶのは避けるのが無難でしょう。

まとめ

海外で人気のプロテインおすすめランキングはいかがでしたか?

海外製プロテインは数が多く選ぶのに悩んでしまうことが多いですが、今回紹介したランキングを参考に、自分にぴったりのプロテインを選んでください♪

プロテイニスト
プロテインを初めて飲むという人は、海外製プロテインを購入する前に日本製プロテインを飲んでみるのがおすすめ。まずは少量購入してみて、プロテインに慣れましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top