プロテインを選ぼう!

あなたにぴったりのプロテインが見つかる!プロテイン専門の総合情報サイト

製造法によるプロテインの特徴、違い、選び方を解説!WPC/WPI/CFM/WPH製法とは

製造法によるプロテインの特徴、違い、選び方を解説!WPC/WPI/CFM/WPH製法とは

筋トレはもちろん、激しいスポーツをするアスリートにとって欠かせないプロテイン。

プロテインには様々な種類がありますが、アスリートに最も飲まれているのがホエイプロテインでしょう。ホエイプロテインはタンパク質の含有率が高く、筋力アップや体重増加のために飲まれているケースが多いです。ただ、ホエイプロテインの中にも製造方法によって得られる効果が変わってきます。

製造方法によるホエイプロテインの違いまで知っている方は少ないので、今回は製造方法による特徴やメリット/デメリットを詳しく解説していきます。

WPC製法とは

WPC製法の正式名称はWhey Protein Concentrate(ホエイプロテインコンセントレート)と言います。日本語に訳すと濃縮ホエイプロテインという意味合いで、プロテインの製造方法として最も一般的に使われています。

WPC製法でのプロテインの作り方は、ホエイプロテインの原料になる乳清を膜フィルターでろ過してタンパク質を濃縮する製法です。ちなみに、乳清とはホエイのことで、チーズを作る時に固形物と分離してできる液体の方のことを言います。

  • WPC製法のメリット
  • WPC製法の最大のメリットは何と言っても低価格ということです。製造工程が少ないため価格を安く抑えることができ、学生アスリートや何が良いプロテインかわからないプロテイン初心者にとってオススメの製法です。

  • WPC製法のデメリット
  • タンパク質純度が70~80%程度と、次に紹介するWPI製法よりも劣っていることがデメリットです。また、乳糖や脂質などのタンパク質以外の物質も多く残っているため、タンパク質「だけ」を効率的に摂りたい人にとっては好ましくない製法です。

WPI製法とは

WPI製法の正式名称はWhey Protein Isolate(ホエイプロテインアイソレート)と言います。日本語に訳すと分離ホエイプロテインという意味合いで、タンパク質の純度が高いプロテインを作るための製造方法になります。

WPC製法で作られたプロテインを、さらに「フィルター膜処理」や「イオン交換樹脂膜処理」をしてタンパク質以外の不純物を取り除くことで純度の高いタンパク質を精製していきます。

  • WPI製法のメリット
  • タンパク質純度が90%以上あることが最大のメリットです。効率良くタンパク質を摂取したい玄人向けのプロテインと言えます。また、不純物を除く過程で乳糖もほとんど除かれるので、牛乳などで下痢や腹痛を起こしてしまう乳糖不耐症の方でも飲めるというメリットがあります。

  • WPI製法のデメリット
  • WPC製法よりも手間がかかるため、比較的価格が高いです。また、乳糖をはじめ、ビタミンやミネラルをはじめとする有効な栄養素が取り除かれていることはデメリットになります。(乳糖はエネルギー源になりますし、カルシウムや鉄分の吸収を助ける働きがあるので、乳糖不耐症出ない場合は大切な栄養素です。)

CFM製法とは

CFM製法の正式名称はCrossFlow Microfiltration(クロスフローマイクロフィルタレイション)と言います。クロスフロー膜というより精密なフィルターを通すことによってタンパク質純度の高いプロテインを作る製造方法です。

  • CFM製法のメリット
  • タンパク質純度が90%程度ありながら、カルシウムなどの副成分をしっかりと残しているのが最大の特徴です。一方で脂質の量が少なくなるのもメリットでしょう。

  • CFM製法のデメリット
  • 価格が比較的高いのがCFM製法のデメリットです。また、WPC製法やWPI製法ほど商品数が多くないため、選択肢が少ないというデメリットもあります。(特に日本製のものは少ないです。)

WPH製法とは

WPH製法の正式名称はWhey Protein Hydrolysate(ホエイプロテインハイドロライズド)と言います。Hydrolysateとは加水分解の意味で、タンパク質を加水分解して作る製法です。

  • WPH製法のメリット
  • タンパク質の含有率が最も高くなる製法ので、タンパク質純度は95%近くなります。また、吸収性に優れているため、トレーニング後のプロテインとして優れています。

  • WPH製法のデメリット
  • 最もコストのかかる製造方法のため、WPH製法で作られたプロテインの価格は高いです。

まとめ

プロテインとは
それぞれの製法には一長一短があり、どの製法が一番良いかというのは選ぶ人それぞれです。ここまでで紹介してきたそれぞれの製法のメリット、デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット デメリット
WPC製法 プロテインの中で最も低価格な製法。 タンパク質純度が70~80%と低い。
乳糖や脂質などのタンパク質以外の物質も多く残っているのでタンパク質だけを取りたい人には不向き。
WPI製法 タンパク質純度が90%以上。
乳糖不耐症の方でも比較的飲める。
WPC製法と比べると割高。
CFM製法 タンパク質純度が90%程度。
カルシウムなどの副成分を残しつつ、脂質が少ない。
価格が高いことと、商品数が少ないので選びにくい。
WPH製法 タンパク質純度は95%以上、タンパク質の含有率が最も高くなる。
吸収性に優れている
価格が最も高い製法。

例えばWPC製法とWPI製法を比べた場合、脂質や乳糖などを除いてタンパク質だけを効率的に摂りたい人にとってはWPI製法の方がいいですが、脂質や乳糖などの栄養素も同時に摂りたいという人にとってはWPC製法の方が好ましいです。価格だけでなく、どのような栄養素を摂りたいかによってもプロテインを選ぶ基準は変わってきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top